上に戻る


建物解体工事業、有限会社キョウゴク

名称由来


社名 キョウゴクとは、(京極) 私の苗字です

京極という姓が全国には、少なく珍しい苗字ということでよく質問を受けることがあります
地名で使われているのは、北海道の京極町、京都の新京極通り、など京都では、 駅名、球場などが使われているそうです

京極氏の始まり

京極氏の源流である佐々木氏は、鎌倉時代以前より近江にあり、近江源氏とともに 称された家系である。
戦国時代、京極高次が世に知られていますが、その弟高知ともに戦国時代に織田信長 豊臣秀康、徳川家康に仕えて家を再興し外様大名として若狭国主,丹後国主となり 各家ともに分封、転封その後私どもの先祖は、岩手県の寒村にいつの頃からか その地に住み着くようになったかは、定かではないが徳川時代以前からあるらしい 戦国時代前後の頃、落武者として一族が住み着いたのでわないかという説もある。
その昔は、落武者の頭として・・・・という説の根拠は、追手からから逃れ人目を 忍ぶのに都合の良い地形を選んで落ち着いたとされていることや、かなりの数の 鎧や刀剣がひそかに代々伝えられてきたことが拳げられているが農民として暮らす 何代の何百年の間にそれらの消息は、全く伝えられず、明治になり四民に氏姓の制度 が施かれた時、京極の姓を再び名のったのでわないかという。
復活後の京極家初代京極虎松から現代まで五代目と続く・・・・・
Copyright (C) 2014 kyugoku All rights reserved.