上に戻る


建物解体工事業、有限会社キョウゴク

環境保護



会社が一丸となって環境保護の徹底をする意味

地球規模での環境保護が叫ばれる昨今、解体業を取り巻く環境は激変期を迎えています。有限会社キョウゴクの事業は「建造物解体工事業」。環境問題と深く関連することから本社、事業所、各工事現場において環境への取組をするべく、4RやPDCAサイクルを主とする環境に関するコンプライアンスを重視して環境にやさしい解体業を行ってまいりました。
解体業が建築物の最終段階でなく、再生される新しい創造への最良な第一歩になるべく、日々努力しております。目指すべき企業像とその実現のために有限会社キョウゴクでは次の経営戦略をもって業務に取り組んでおります。





全てのお客様が安心して有限会社キョウゴクに託せるように

解体の基本ともいえる安全管理と廃棄物の分別回収処理は、法律に沿ってリサイクルするものや別処理に回すもの、その他のゴミとして処理するものなどを規定に沿って分別した上で処理場へ搬入しております。
近年、格安工事をセールストークにする無許可解体業者による不法投棄が社会問題になっております。
無許可解体業者による不法投棄は、自然環境を損なうだけでなく、解体工事発注者も法的に罰せられます。
解体工事は専門の有限会社キョウゴクにお任せ下さい。





Copyright (C) 2014 kyugoku All rights reserved.